省エネ部門

  1. トップページ
  2. 事業案内
  3. 省エネ部門:JELコントロールシステム

JELコントロールシステム

高性能電子ブレーカーを設置し、最大電力を監視。CPU制御により従来のブレーカーでは不可能だった最適最小定格電流の設定を可能にし、低圧電力の契約を「負荷設備契約」から、より契約容量の小さな「主開閉器契約」に変更して、大幅な電気基本料金の削減を実現するシステムです。

環境と省エネをご提案

JEL導入メリット

電気代をムダにかけてませんか?
お手元の電気ご使用量のお知らせを
ご確認ください。

  • 契約電力が比較的大きい。(およそ10kw以上)
  • 電気料金にしめる基本料金の割合が大きい。
  • 機械はたくさんあるけれども同時に稼動しないものがある。
  • 契約電力がいっぱいで変電設備(キュービクル)の設置を検討中。
高性能電子ブレーカー(JELコントロールシステム)を導入することで、使用量はそのままで、契約内容を変更して低圧電力(200V)の基本料金を下げます!

契約内容を小さくすることができ、電気の基本料金が安くなります!

【導入事例 1:金属工業所】 ※「電気ご使用量のお知らせ」のサンプル

従来の負荷設備契約の検針表

導入前
基本料金:39,681円 [39kw

39kw×@1,020(東京電力単価)×95%(力率割引)×1.05(TAX)

導入後の主開閉器契約の検針表

導入後
基本料金:26,454円 [26kw]に変更

26kw×@1,020(東京電力単価)×95%(力率割引)×1.05(TAX)


導入事例:1

【導入事例 2:クリーニング業】

導入前[32kw]→ 導入後[16kw]= 16kwダウン
導入事例:2

まずは、お手元の「電気ご使用量のお知らせ」をFAXしてください。調査いたします。

※ 対象となる電力契約:[低圧契約」または[低圧高負荷契約]の施設。

※ 契約変更によりどれだけ基本料金がお安くなるかは、電気設備の使用状況によって異なる為、事前調査による診断が必要です。

お問い合わせはこちらからJELコントロールシステムについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


ページの先頭へ戻る